現代の国民病

お酒を飲むとなぜ脂肪肝になるのか

脂肪肝は、現代の国民病とも言われるほど発症する人が多い病気です。脂肪肝が発症する原因は運動不足など色々ありますが、飲酒が最もメジャーな原因の一つとされています。 飲酒をすると脂肪肝になる原因は、飲酒時には肝臓はアルコール分解のために活発に働きます。アルコールの分解を行っている最中は、脂肪の分解が疎かになります。そのため、脂肪が体に蓄積されやすくなります。 脂肪肝の初期症状は、まったく自覚症状がありません。ただ体がだるい、疲れやすい、お腹が張るなどの軽い症状が出ることがあります。そのまま放置すると、脂肪肝は肝硬変や肝がんへと進んでいきます。また、女性の場合は、月経異常や骨租しょう症などになりやすくなります。

抑制してくれる食品とは

ここ最近では、脂肪肝の発症を抑える食品として、コーヒーに効果があることが判明しています。ある調査によると、コーヒーを毎日飲む人は脂肪肝になりにくいことが明らかになっています。 なぜコーヒーに効果があるかというと、コーヒーにたくさん含まれているカフェインのおかげです。カフェインには、摂取した脂肪が肝臓に蓄積するのを防いでくれる効果があります。さらには、肝臓が正常に機能するように助けます。その他にも、コーヒーには肝臓内のインスリンの働きを高める効果もあります。これらの働きによって、コーヒーは脂肪肝を予防することができます。脂肪肝を予防するには、コーヒーを1日に3杯飲むとリスクが半分になるといわれています。簡単にできるので、肝臓に不安がある方は試してみると良いです。